自毛植毛は20代の若い頃から始めた方がメリットが大きい

自毛植毛は男性型脱毛症に対する有効な対策

AGA男性型脱毛症は思春期以降から始まることがあり、若いうちから始まるほど悩みが深刻になる特徴があります。
そのまま何も対策を行わないと少しずつ薄毛が広がってしまいます。
最近では育毛剤や発毛剤が販売されていますが、どなたでも実感できるわけでは無いです。
フィナステリドやミノキシジルと言ったAGA治療薬を使用しても必ず効果が出ると言う保証は無いです。
中々思ったように髪の毛が生えてこないと言った場合の解決策として特に有効なのが自毛植毛です。

自毛植毛を若いうちから始めるメリットは何?

何と言っても自分の髪の毛を採取して植毛しているので手っ取り早く薄毛のお悩みを解消できるのが良いところです。
植毛した髪の毛は毛周期によって自然に生え変わります。
AGAの症状は急に進行するのではなく少しずつ進行します。
薄毛が目立ってきてから自毛植毛を受ければ良いのではと思われるでしょうが、20代と言った若いうちから始めた方が何かとメリットが大きいです。
まず植毛した髪の毛はAGAによって脱毛しませんので、悩みが深刻になる前に対策が行えると言うメリットがあります。
さらに年齢を重ねてから髪の毛を植毛するより、若いうちに植毛した方が定着率が高いと言われています。
髪の毛を採取する時に手術により傷が生じることがありますが、若いうちの方が傷の治りが早いです。

治療費がネックに…自毛植毛は高額なのがデメリット

その代わりに若いうちからだと治療費がネックになることが多いです。
高額な治療費がかかりますので20代と言ったまだ収入が少ない年代だとお支払するのが難しいことがありました。
医療ローンなどで分割払いはできますが、治療費の関係で実際に自毛植毛を受ける方は30代や40代の方が多いです。
しかし十分お支払できる余裕がある20代の方ならなるべく早めに始めた方が良いです。
フィナステリドやミノキシジルは効果が出たからと言って使用を中止すると薬効が切れてまた薄毛が始まることがありました。
使用を継続するには薬代がかかり続けますが、自毛植毛を受けて終了すれば費用がかかり続けると言うことが無いのが良いところです。